Denis Goldfeld

1974年ソビエトの音楽一家に生まれる。
彼の祖父であるボリス・ゴールドフェルドより6歳からヴァイオリンを学ぶ。
11歳の時にロシア国際コンクールに優勝。
1989年チュリアビレスク音楽大学を主席で卒業。
1990年ドイツに移住し、ザハール・ブロン氏に師事し、その後、ヴィニアフスキー・コンクール、オイストラフ・コンクール、バイロイト・コンクールに優勝。
アイザック・スターンの後押しもあり、モスクワ・フィルハーモニー、サンクトベルク・シンフォニー、モスクワ・ソリスト・オーケストラ、ジェーナ・ハーモニック、ハンブルグ・シンフォニー・オーケストラ、ミドル・ジャーマン放送オーケストラ、シンガポールシンフォニー・オーケストラ、ドイツ・シンフォニー・オーケストラ、コンセルト・フェボーと共演。
今後のクラシック界を担う若手演奏家として注目され、ヨーロッパ各地でテレビ出演も多々行なっている。

denis

デニス・ゴールドフェルド ヴァイオリン