Takashi SHIMIZU

10歳でNHK毎日学生コンクール優勝、N響と共演。
17歳で日本音楽コンクールに優勝。同時にレウカディア特別賞受賞。翌年日フィル賞、文化放送特別賞受賞。海外派遣コンクールに優勝しアメリカに留学。
ヤッシャ・ハイフェッツに師事。ロンティボー国際コンクール第3位。
カール・フレッシュ国際コンクール第2位、グラナダ弦楽器国際コンクール優勝、
エリザベート王妃国際コンクール第3位に入賞するなど、数々の国際コンクールに優秀な成績を残す。またフランスで開かれた世界の国際コンクール優勝者を集めたコンクールにおいて最優秀グランプリを受賞。
その後、メニューイン指揮ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラでデビューし、多くの評論家に最も忘れがたいコンサートと評される。
前シーズン、今シーズン共にヨーロッパ主要オーケストラと共演。韓国ではKBSオーケストラと共演。室内楽では、マルタ・アルゲリッチ、イヴリ・ギトリス、ユーリ・バシュメット、フー・ツォン、アレクサンドル・ルーディン、パーヴェル・ギリロフ等と共演。
現在、東京藝術大学にて後進の指導を行っている。

takashi

清水高師 ヴァイオリン

shimizu-cd

プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品80

第1楽章: Andante assai
第2楽章: Allegro brusco
第3楽章: Andante
第4楽章: Allegrissimo – Andante assai, come prima

プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ長調 作品94a

第1楽章: Moderato
第2楽章: Scherzo. Presto
第3楽章: Andante
第4楽章: Allegro con brio

2,500円(税込み)
BZCS-3029
Bellwood Records

購入はこちら