イ・ヨン チル

  • イ・ヨン チルコンサート 2011年1月9日北トピア サクラホール 東京ニューシティー管弦楽団

イ・ヨン チル

イ・ヨンチルはソウルに生まれアメリカで学び、ニューヨーク州立大学で博士号を得る。

彼は考えられない技術的な容易さと気品を持って指揮をする。彼の最近の共演は、イギリスのロンドン シンフォニー、ロイヤル フィルハーモニー、イタリアでローマ シンフォニー、ロシアのモスクワ フィルハーモニー、モスクワ国立ラジオ、ウクライナのキエフ シンフォニー、ブルガリアでソフィア フィルハーモニー、ルーマニアでジョルジュ エネスコ フィルハーモニー、ブラショフ シンフォニー、チェコでプラハ シンフォニー、ヤナーチェク、ハンガリーでブタペストMAV シンフォニー,日本でNHK交響楽団等の主要なオーケストラである。

 

 

彼のレパートリーは広く 年に50回以上の公演を行なっている。イ・ヨンチルの最近の共演は、イギリスのロンドン シンフォニー、ロイヤル フィルハーモニー、イタリアでローマ シンフォニー、ロシアのモスクワ フィルハーモニー、モスクワ国立ラジオ、ウクライナのキエフ シンフォニー、オデッサ、ドネック、ヤルタ、ハルコフ、ブルガリアでソフィア フィルハーモニー、プロディフ シンフォニー、ルーマニアでジョルジュ エネスコ フィルハーモニー、ブラショフ シンフォニー、チェコでプラハ シンフォニー、ヤナーチェク、ハンガリーでブタペストMAVシンフォニー,チリでサンティアゴ フィルハーモニー、日本でNHK交響楽団、それにベラルーシ、トルコ、ギリシャ、サラエボの主要なオーケストラである。イ・ヨンチルは 音楽を刺激的で冒険的に創りあげる才能がある。彼の暖かさと非常に凝縮された熱意を経験したものは 音楽をより深くまたより高い感情を音楽の中に見だす事になる。彼は考えられない技術的な容易さと気品を持って指揮する。彼の音楽的内容と魂はオーケストラにインスピレーションを与え、素晴らしい成果をあげるのだ。イ・ヨンチルは アジア人の中では最も忙しい指揮者として世界中にその名前を知らしめ始めているが、東洋と西洋が融合された稀なスタイルがそこには在る。

 

 young

イ・ヨン チル