‘アヴリ・レヴィタン’

Avri Levitan

1973年イスラエル、テルアビブ生まれ。
ルービン・テルアビブ大学にてハイム・タウプ氏に師事、その後パリのコンセルヴァトワールにてピンカス・ズーカーマンに師事する。
1994年シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭のイスラエル・シンフォニー・オーケストラでソリストとしてデビュー。
その後ソリスト並びに室内楽奏者として世界各地で演奏活動を行なう。
現在は、イスラエル・ラジオ、イスラエル・テレビ、スウェーデン・ラジオ、スウェーデン・テレビ、ニッポン放送「新日鐵コンサート」などに出演し各地でコンサートを行う傍ら、飛騨高山音楽祭の講師や大阪国際コンクールの審査員も務めている。
avri

アヴリ・レヴィタン ヴィオラ